10月21日(月) 18時半~21時頃

第20回「世界はどうなっているのだろか」

講師: 明保能徹爾氏「AIは本当に仕事を奪うのか。公務職場の現状から考える」

 

10年後、労働人口の半分の仕事をAIがとって代わるとのレポートが話題となっている。AIとはわたしたちに何をもたらし何を奪うものなのだろうか。今回は、自治体職員が加盟する労働組合がこの辺りを分析した記事を査読することで、現状を整理したい。また現在、地方自治体の現場で生じている変化について、いくつかの視点で考えてみたい。

 

場所:京都爽庵カフェ

参加費:一般1500円 学生:1000円

 

 

講義:60~90分

対話:約60分

 

 

 

コメント: 0